TKjunkie Guestbook

あしあと帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

monday 2005年 NO.241

monday.jpg

周迅は金城武を10分も見つめて?

金城武、周迅、ジャッキー チュンが主演する映画【如果愛】の中で、奇妙な三角関係になるという。
先日、3人とも映画のプロモーションのため、上海で記者会見を行った。しかし、同じ主役を演じる3人の運命はまったく異なっていた。金城武は記者会見の30分のみ出席してから、すぐ帰られたし、ヒロインの周迅と仲良くなった様子だが、一方ジャッキーは記者会見が終わってからも、夜12時まで撮影が続き、重要なシーンでも周迅が現れるまで、撮影が不可能だった。

pl-01.jpgpl-02.jpg

監督が投資する新作映画【如果愛】の製作発表記者会見は上海で行われた。主役の金城武、ジャッキー チュン、周迅3人とも出席したうえ、重要な脇役の池珍嬉も出席した。

pl-03.jpgpl-04.jpg

記者会見の金城武はご機嫌の様子。周迅と一緒に取材を受けた時には満面の笑み、普段の無口な金城武と別人のようだ。しかも、ずっとチャーミングな目で周迅の瞳を見つめている。周迅も嬉しいながらも照れている様子。さすが、金城武の魅力は普通ではなかった。天下の美女周迅もすっかり魅せられたようだ。

pl-05.jpgpl-06.jpg

記者の「映画の中ではラブシーンはありますか?」の質問に対して、周迅はただ、ただひたすら微笑んで、笑顔で答えた。金城武は「彼女とは恋人同士の役だから、ラブシーンはあるだろうが、まだ撮っていない」と答えた。周迅は「彼への第一印象は、なんて素敵な人だと思った。彼とのラブシーン?映画を見てからの楽しみ!」と答えてくれた。
金城武と周迅は記者会見が始まってから30分経って、現場を離れたが、ジャッキーと池が会場に残り、百名以上の記者の相手をしていた。金城武と周迅は2人で脚本の研究でもしていたのかな?

pl-07.jpgpl-08.jpg

一方、金城武の楽々記者会見に比べて、ジャッキーは忙しい。昼間にも勿論記者会見に出席したが、夜には映画の撮影をこなさなければならない。しかも、ヒロインの周迅を待つこと3時間、やっと姿を現した。しかし、2人はあまり目を合わせる事がなかった。

pl-09.jpgpl-10.jpg

当日、映画会社は記者を6時に現場への取材に許可を出したが、やっと取材を始められたのはなんと、11時を回った。現場のジャッキーはリハーサルに励んでいるのに、周迅の姿がなかなか見えない、監督は彼女を催促しろ、との命令が出てから15分、やっと出てきた彼女であった。記者達も妙な空気を察した。また、2人を取材した時に、2人は目を合わせないのは気のせいかな?周迅は昼間に、金城武との会見はあんなに嬉しそうだったのに比べて、ジャッキーとの会見は人間が変わったような態度だった。

pl-11.jpgpl-12.jpg

ジャッキーは「今日は僕の方が大変だよ。多分、徹夜になるんじゃないかな?今日は僕と周迅のシーンだから、金城武と池は休んでいいんだ」今日のシーンはジャッキーがLIVEを披露するのだが、周迅は観覧シーン、ジャッキーお疲れ様~

pl-13.jpgpl-14.jpg

scripted by ひつじさん

※写真は雑誌掲載のものではありません。
 

Welcome to TKjunkie's Blog

[管理人]
TKjunkie★Ctommy
(#178504:金嬢しとみ)



●あしあと帳へ一言コメントお願いします。
初めての方はここを読んでね。




[TKjunkieSite]

BlogAnnexPhoto

CalendarSONGPS-Q&A

MailguestbookHOME
Powered by / © Copyright TKjunkie Guestbook all rights reserved. / Template by IkemenHaizin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。